育児が辛い。まずは自分を大事にすることから。

子供を自分のことより大切に思うのはいいけど、
まず、自分を大事にして、愛してあげてますか?


私は産後2ヶ月から1年頃まで産後うつでした。
(1年半くらいまではうつ症状がぶり返してました)

育児が想像以上に大変で、辛くて、忙しくて、体も心もぼろぼろになっていました。

核家族で、周囲に頼れる人が居ないという環境や
赤ちゃんがあまり眠らない、よく泣くということも本当に大変でした。
(小児科の先生に心配されるほど、すごい泣きっぷりだったんです)

そして、私の性格は
心配性
完璧主義

この環境と性格がどんどん自分を追いつめていきました。

自分が望んでした妊娠、出産だから、泣き言なんか言えない。
私は子どもが産まれて幸せ者なんだ。
世のママ達はこれを乗り越えているんだ。

そんな風に、苦しいという自分の気持ちを無視して、
できない自分を責めることばかり考えていました。

時々辛すぎて叫んだりもしました。

子どもから逃げたいけど、逃げれない。

泣き声を聞きたくない。抱っこもしたくない。

だけど、子どもが可愛くないわけじゃない。
むしろ世界で一番好きだし、大切に思っている。

だから、子どもにイライラして怒鳴ってしまう自分に自己嫌悪。

私って・・・母親失格?


そんな風に自分を追いつめて、いつの間にか体もぼろぼろ。

頭痛や吐き気、不眠、倦怠感など、体も悲鳴をあげていたのに、

「ママとして」の責任感を優先して

自分をないがしろにしてしまいました。

子供のため、家族のために犠牲にするのは、第一に自分。


だけど、ママも、ひとりの人間なんですね。

辛くて、苦しくなるのは人間だから当たり前。

全て完璧にこなすことなんて不可能です。

嫌になることだってあるし、腹立つことだってあるんです。

もちろん、体調も壊すし、憂鬱になる時もあるんです。


自分にご褒美はあげてますか

頑張ってる自分を褒めてますか

誰かに助けを求めれてますか

無理しすぎてませんか


誰も頑張ってるママを責めることはできません。


育児が辛いのは

忙しくて大変なのもあるけど

自分を犠牲にしすぎな部分が大きいと思うんです。


子供の自己肯定感を育てることが大事だと、よく聞くけど

自分を見ていると本当にそう思います。

自分を好きじゃないから、自分を大事にしない。

辛くなるまで溜め込む。

忙しくても、大変でも誰かに助けを求めることができない。


いつも同じことばっかり書いてるけど・・・

ママの笑顔が、子どもは大好きでなんですよね。

ママ自身を大切にすることが、子どもの幸せに繋がると思っています。


心と体が元気だと、少々大変なことでも乗り越えられます。

辛いのは、自分をないがしろにして心がすり減っているんです。

忙しくて、大変なのは仕方がない。
それは、分かります。


だから、ちょっとしたことから、始めてみませんか。

まずは、自分を褒めることから。

美味しいものを食べたり

好きな本を読んだり

買い物をしたり

家事だって手抜きしていい

休んでもいい

少しずつでいいから、自分を大切にして、労ってあげましょう。



スポンサードリンク




ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ