パパの協力で一人の時間を捻出

ちょっとしたエピソードです。

生後3、4ヶ月ころかな?
ほんとうちの子はよく泣いてました。
我が子だからそう感じるのか、他の子より泣き声が大きくて激しいんです。
それに加え、私はひどい寝不足と慢性的な頭痛と吐き気があり、体調がすぐれない状態でした。
かなりいっぱいいっぱいの時期です。

うちはパパが子供のお風呂係です。
私は一人でお風呂に入るのが楽しみでした。
赤ちゃんから解放される自分だけの空間と時間。
湯船に浸かってぼーっとするだけだけど、それがどんなに幸せか(;;)

でもそんな空間に
ふぎゃーーー!
「ママ~」
赤ちゃんに泣かれまくってたじたじなパパがやってきた
え・・・ここに?今?私の唯一の楽しみが~!
私にゆっくりできる時間は無いの?酷い絶望感に襲われました。
(大げさですが当時は本当に追い詰められてました(^_^;))
そこで言ってしまいました
「お風呂ぐらいゆっくり入らせて!一人にして!」
パパ「わかった。ごめん」

困り果ててるパパにひどい言い方しちゃったけど、私は一日中その泣き声聞いてるんだよ!
もう泣き声の幻聴が聞こえるほど(^_^;)

それからはお風呂の時はどんなに泣いてもパパ担当です。
育児の大変さを実感させるいい機会だ!笑
今ではパパも慣れて、赤ちゃんと2人でお出かけすることも(^^)
助かっております。


スポンサードリンク