テレビやパソコンを見せると子供の寝付きが悪化。絵本と毎日の習慣。



我が家の娘はもうすぐ2歳。
娘の就寝時間はだいたい20時頃。

一時期、娘は夜中に目を覚まして1、2時間くらい寝つかない、夜泣きをする時期がありました。

寝付きが悪く、夜泣きしたりする娘の健康面や精神面が不安でした。
子供にとって睡眠はとても大事で、成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。
(参考サイト様:【子育て応援サイト MARCH(マーチ)】寝る子は育つ!子供の成長に必要な睡眠時間は?年齢別の理想)

狭いアパートの中で、パパやママが隣の部屋で話をしたり、テレビを見ていたら、そりゃ目が覚めて仕方ないかもしれませんね。
でも、最近は夜中に起きることや、夜泣きが無くなったんです。

保育園に通いだして、毎日色んな刺激を受けて、遊び疲れているというのもあると思います。
そしてもう1つ、毎日の習慣として、寝る前に絵本を読んであげるようになったのですが、その頃から寝付きがかなり良くなりました。

寝る前の習慣と絵本

読んであげる本は、子供に選ばせます。
本棚から、「今日はどの絵本読む?好きなの持っておいで〜」というと、自分で2、3冊持ってくるんです。
幼児用雑誌などぎゅうぎゅうした内容の物を選ばれたら、1冊くらい静かな絵本を最後に読んであげるといいかもしれません。

絵本を読んで、子供が眠そうにしてきたら、子守唄で寝かしつける。
うちの定番寝かしつけはこれになってます。

これが習慣化するようになって、びっくりするくらい寝付きが良くなりました。
夜中に起きることがほとんど無くなったんですね。

寝る前のパソコン視聴で夜泣き

ついこの前ですが、いつもの習慣と違う形で寝かしつけたら、夜泣きして大変でした・・・

寝る直前までパソコンで動画を見せていたんです。
1時間くらい、大好きなアニメの(^^;

すると、夜中に突然、アニメのキャラの名前を叫びだして大泣き・・・
夢でも見たのでしょうか。
久々の夜泣きで、こちらも寝不足になりました。

刺激が強すぎたのかもしれませんね。

やはり、寝る前は穏やかで静かな時間が必要だと感じました。

寝る前は子供とのスキンシップの時間

日中はフルで仕事をして、子供は保育園に通っているので、なかなか一緒に居る時間がありません。
そのため、限られた子供との時間を大切にしようと思い、毎日の絵本が習慣化していきました。
それまでも絵本の読み聞かせはしていましたが、気が向いた時に読むという感じだったんです。

テレビやパソコンをまったく見ないわけじゃないですが、子供と居る時は、意識して視聴時間を減らしていきました。
やはり動画を見ていると、大人も子供もぼーっとして、コミュニケーションが減ってしまいます。

つい刺激的なものに誘惑されがちですが、絵本を通して子供と過ごす穏やかな時間はとても貴重です。
子供も寝付きが良くなったので、楽になりましたし、寝る前絵本おすすめです(^^)


スポンサードリンク




ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ