2歳の娘へ絵本選び「もしもし おでんわ」

久しぶりに娘に絵本を買いました(^^)



毎度のことですが、やはり本屋さんに行くと何を選べば良いか悩みます。
優柔不断なんですね・・・(^^;

親が良いなと思っても子供は興味なかったり・・・
名作や人気の本が無難かなとは思うのですが、娘が興味を持たずに見てくれなければ意味が無いですもんね。

娘が1歳の頃にも絵本選びについて書いたのですが、今回も以下のポイントを抑えて選ぶことにしました(^^)
【絵本紹介】1歳の娘が喜んで何度も見返す絵本と、絵本の選び方

・文章は短め
・あまり高価でないもの
・子どもが好きなもの関係

特に子どもが好きなもの、興味を持ってくれるということが大事かと思います。
2歳の娘は、好き嫌いもはっきりしてきて、興味が無いとそっぽを向いてしまいます。
こちらが無理強いしても、絶対に振り向いてくれません。

そこで、本屋で何冊かピックアップして娘の前でページをめくってみました。
その中でも一番食いつきが良かったのが

「もしもし おでんわ」でした!


もしもしおでんわ (松谷みよ子 あかちゃんの本)
※アマゾン


まあ、私も手に取ってみて一目惚れしてしまったので、プレゼン(?)にも力が入っていたのかもしれません。

松谷みよ子さんの絵本では、「いないいないばあ」がとても有名だと思います。
娘も気に入っていて、今では自分でページをめくりながら、絵に合わせて「いないいなーい・・・ばあ」なんて言っててすっごく可愛いです(^^)


いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)
※アマゾン

その松谷みよ子さんの「もしもし おでんわ」。
赤ちゃんが大好きな言葉の繰り返しも入っているし、なんだか温かい。
すごく短い文章なのに、どうしてこんな可愛くてあったかくて素敵なんでしょう。

そしてなんと言っても、いわさきちひろさんの絵が素晴らしいです。
愛らしい表情に、美しい色彩・・・ページをめくるのが楽しみだけど勿体ないような。

娘が気に入ったのは おひさま のページ。
淡く優しい絵の中でも、インパクトのある赤いおひさまが娘はお気に入りのようで、他のページを飛ばして、おひさまが出てくるページを嬉しそうに指差します。

これは、買って大正解の1冊だったと思います!

子どもが気に入ってくれて嬉しいけど、私自身なんだか癒されました(^^)


スポンサードリンク




ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ