パパっ子だったのが今ではママべったりの2歳の娘


現在娘は2歳7ヶ月。
1歳の頃はパパにべったりのパパっ子だったのが、今ではママべったりのママっこになりました(^^;
パパっ子の頃は結構真剣に悩んでいたのですが、今考えると可愛い悩みでしたよ。
パパっ子の頃からママべったりになった遷移をまとめてみました

パパっ子の頃

  • パパがあやすとすごくリアクションが良い
  • ママへ向ける顔は冷めた(冷静な?)表情
  • パパが抱っこしているのを、ママが抱っこしようとすると泣いて嫌がる
  • こっちへおいで~と言ってもパパの方へ行く
本当に当時は産後うつで心身ともに辛い状況で、でも子供のお世話は放棄するわけにはいかないと、本当に必死に毎日頑張っていたつもりでした。
それなのにこのしうち・・・(T T)
悔しいやら悲しいやら。得意気なパパの顔の腹立つこと!
しかも、外出先や、夫の実家でママの抱っこで泣かれると、ママの立つ瀬無し!

パパっ子になった原因

原因を自分なりに考えてみました。

自分の態度

やっぱり私が産後うつ、育児ノイローゼで疲れきっていて、イライラぐったりしていることが多かったからかもしれません。
その上、パパへばかりニコニコされると、こっちもイライラして「なんで!ママのこと嫌いなの?」なんて怖い顔をしていたと思います。
子供にとっては、いつも怒っているママより、遊んで楽しいパパと居る方がいいですよね・・・。

子供の気分

子供って深く考えてないんじゃないかと思います。
その時なんとなく、パパがいいからいい。楽しい方がいい。遊んでくれる方がいい。それだけ。
特に乳幼児期は、パパ・ママどっちが好きというわけではなく、その時の気分で行動している気がします。
だから、パパの方に行っても、ママが嫌いだというわけじゃないんですよね。

パパっ子の頃に私がした対処法

その頃悩んで、保育士さんに相談したりして編み出したパパっ子への対処法です。
前もブログに書いたんですけど・・・
子供がパパの方に行ってもニコニコしとくこと。”余裕の笑顔”が効果ありでした。
内心悔しいけど「そっか、パパがいいんだね〜」なんて肯定的なことを言うんです。
最初は「なんで!?」とか「ひど〜い」とかつい言ってしまってましたが(^^;
時々、ママの方へ来てくれるときは、全力の笑顔で対応です。
これで、極端なパパっ子が徐々に変わっていきました。

ママべったりへと変化

2歳頃からでしょうか。パパっ子だったとは思えないくらいママべったりになりました。
ママが居ないとダメというか、泣き出すと私が居ないと泣き止みません。
寝る時は特に私と同じ枕じゃないと嫌で、パパが近づくと怒ってアンパンチします(^^;
パパっ子だった頃からと比べると、とても嬉しいのですが、まあ大変です。

あんまりくっついて寝られるので、夜中ちょこちょこ目が覚めて、一時期不眠症を再発しました。
家事をしていても一緒に遊ぼうと泣かれるし、朝5時半頃に起きてお弁当を作ろうとするのですが、一緒に目覚めて「ママ隣で寝てよ〜!」と泣いて怒る。。。
まあ幸せな悩みかもしれませんが。
今までの経験上、パパっ子の頃もそうですが、こういう困った時期ってずっとは続かないんですよね。

ママだから!と自信を持つ

もしパパっ子で悩まれてるママが居たら、自信を持って欲しいです。
なんだかんだでやっぱり子どもはママが大好きです(^^)
だから余裕を持っていていいんじゃないかと思うんです。
外出先で「パパがいい〜」なんて泣かれたら「そっか、パパがよかったね〜ごめんごめん」なんて言って、そういう時はパパに任せちゃいましょう。


つぶやき・・・
子育てって色んな悩みがありますね。
子どものことって自分のこと以上に真剣に考えてしまいますもんね。
最近子どもに病気が見つかって、本当に苦しいです。
色々あるけど、子どもが元気で笑っていてくれる。それが一番ですね。


スポンサードリンク




ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ