突然の無熱性痙攣(2歳の娘)



先日、子どもが無熱性、熱がない状態の痙攣を起こしました。
それまで、熱性痙攣を2度ほど起こしたことがあったので、痙攣止めのダイアップという座薬を熱が上がるたびに使っていましたが、熱が無い状態で突然起きたので、防ぐことができずとてもショックでした。。。

熱性痙攣と無熱性痙攣

子どもの痙攣を初めて見た時は本当にパニックになりました。
何が原因なのか、何をすればいいのか分からず、子どもが死んでしまう!と本気で思って救急車を呼びました。
最初の熱性痙攣については前記事(こどもが熱性痙攣を起こしてパニックになった日。)に書いています。

そして、今回・・・また熱性痙攣だろうと思ったんです。
そりゃ動揺しましたが、1度経験もして、対処も勉強していたので前回よりも冷静に対処することができました。
子どもの様子と、痙攣時間を確認し、これは救急車は呼ばなくていい痙攣だと判断できたので、痙攣止めの座薬を使ってそのまま寝かすことにしたんです。

痙攣はどんな様子だったか確認したこと
左右対称か
全身か一部か
目の向きは
そして何分間だったか時間を計る

とっさのことで震えましたが、最低限これだけは見れたと思います。

でも、1つだけ気になったこと。
それは、熱が無かったんです。
36.2度・・・少し経って計っても36.7度・・・
これは、前回と同じ熱性痙攣なのか???
小さな不安が沸き上がってきました。

子どもはすやすや眠っている。息もしているし、顔色もいいし。
もう夜の9時を過ぎてるし、明日の朝からの受診でも大丈夫だろうと最初は思ったんです。

#8000に電話をしてみる

だけど、念のため・・・何かあって手遅れになったら嫌だし、自己判断できる自信も知識も無いし、ちょっと確認だけでもできればと #8000 に初めて電話をしてみたんです。
(#8000(小児救急電話相談)・・・夜間や休日に子どもの急な病気にどう対処すればいいのか電話で相談に乗ってくれます。厚生労働省のサイト
話には聞いていた#8000。ブログを書くにあたり調べたことがありましたが、実際使ったことはありませんでした。
ちょっと緊張しつつも電話をしてみると・・・県の相談窓口に繋がりました。
女性の方が対応してくださいました。
とても丁寧な話し方で、うろ覚えなのですが、看護師さんと言われた気がします。

そこで状況を話すと、「熱が無い状態での痙攣ということですので、やはりこれから受診された方が良いと思います」とのことでした。

一気に不安が大きくなりました。やっぱり熱から来る痙攣と、熱が無い痙攣では違うんですね・・・
痙攣の原因が何なのか?というところが重要なようです。
そこで、どこに電話したらいいのかを教えてもらい、2件ほど電話をかけることになりました。
最終的に、近くの1番大きい病院の救急外来を受診することになりました。

夜間の救急外来にて

そこでは、痙攣の様子と、どういう状況で起きたかということをなるべく覚えている限りのことを細かく説明しました。
動揺して覚えていない部分もありましたが、とっさにメモしたものを見ながら説明しました。

血液検査では異常なし。
子どもも発達には問題無さそうだねとのこと。

そこで先生も痙攣が1度だけでは何とも言えなさそうで、「念のため今度脳波の検査をしようか」とのこと。
何も無ければ、それでいいし、何か原因が分かれば治療もできるしと・・・勿論お願いしました。
もし熱が無い状態での痙攣が2回以上あれば、てんかんの可能性もあるかもしれない、と言われたんです。

2度目の無熱性痙攣と娘とのこれから



”てんかん”と聞いて心臓がバクバクしました・・・。
今まで、大きい病気もせず順調に成長していた娘。
これまでたくさん大変なことがあったけど、娘が健康で元気だったことが救いだった。。。
パパとも「娘が元気だから、それだけで充分だよ!」って言って今まで色んなことを乗り越えてきたのに・・・
なんてもう頭の中はぐちゃぐちゃになりそうでした。

とりあえず、その日は脳波検査を予約して帰りました。
次の脳波検査まで1週間、どうか娘に何もありませんようにと願うばかりでした。
でも、それから4日後、また痙攣が起きたんです・・・。
急いで病院へ指示を仰いで、その日は痙攣止めの薬を使い、次の検査日まで待つことになりました。

頭の中は意外と冷静でした。
少し時間が経っているから、落ち着いて書けているのかもしれませんが。
自分でも意外なほど、静かに覚悟を決めることができました。

たとえ何があっても娘は娘。治療が必要なら、最善を尽くしてやっていくだけだ!
そう思ったら、ちょっと気持ちが楽になりました。

・・・長くなりそうなので、今日はこのへんで!


スポンサードリンク




ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ