産後の睡眠不足から不眠症へ。

まだ月齢が低い赤ちゃんがいるママは寝不足なことが多いと思います。
私も産後1か月目、1〜3時間おきに起きてました。
一番体を休めないといけない時期なんですが、そうもいかないんですよね(^^;
でもですね、生まれたての赤ちゃんが可愛くて、愛おしくて、なんだか変なテンションで頑張れた時期でした。

これが3ヶ月、4ヶ月頃に無理がたたったのか、寝不足なのに不眠症になり、酷い頭痛と吐き気に悩まされることになったんです。

この頃、まだまだ赤ちゃんは夜中3時間おきに起きます。
こちらも不思議と赤ちゃんが泣く前に目が覚めるんですね。
そしてパパは全然、気付かないんですよね。笑

赤ちゃんに授乳を終えたから寝ようとしても眠れないんです。
体は疲れてるのに、頭は冴えてる。
1〜2時間眠れないこともしょっちゅう。
やっと眠れたかと思うとすぐ次の授乳の時間なんです。

そんな日を繰り返していると、気付けば毎日のように頭痛に苦しむように。
頭痛がひどい時は、吐き気もするんです。
あまりの辛さに涙しましたよ。
薬を飲むことも考えましたが、母乳への影響が怖くて飲みませんでした。

他にも産後の抜け毛や歯茎からの出血、知覚過敏、爪がぼろぼろになったり色々あったのですが、全て睡眠が大きく関係しているんじゃないかと思うんです。

眠ってから2~3時間後に「成長ホルモン」が分泌されるのですが、このホルモンは疲労の回復、体の組織の修復、免疫の上昇などを促すんです。
健康や若さを保つためにとても重要なホルモンなんです。
だから理想としては成長ホルモンをたくさん分泌するために適切な睡眠時間を確保したいところですが、難しいですよね・・・。

せめて不眠症だけは改善しようと、私が寝付きを良くするためにやったことをご紹介します。

◆まずは睡眠環境を整える

寝具、明るさ、音など、自分が一番眠りやすい環境を作る。
私は赤ちゃんが気になってずっと常夜灯をつけてたんです。
元々真っ暗で寝る派だったので、思い切って電気を消したら、びっくりするほど寝付きが良くなりましたよ。
ちょっとした違和感やストレスを取り除くことで改善するかもしれません。
自分がいいと思える環境で眠るのが一番です(^^)

◆何も考えない

私は寝る前によく考え事をしちゃうのですが、これはいけません。
眠れなくなって頭が冴えてしまいます。
悩むのも、考えるのも日中にしましょう。

◆ストレッチ

ストレッチをすると体がほこほこして気持ちよくなります。
心も穏やかになるので寝る前におすすめです。

◆やっぱりリラックスするのが一番

寝れない時に無理に寝ない。
温かい飲み物で一息ついて、本でも読んでみるのはどうでしょう。
たとえ眠れなくても不眠というストレスが和らいだ気がします。


私と同じ症状で苦しんでいる人の参考になれば幸いです。
※あんまり酷い人はお医者さんに相談するのが一番だと思います。頭痛も寝不足以外が原因の可能性もなきにしもあらずです!

赤ちゃんの月齢が進むにつれ、まとめて寝る時間も伸びてくるので、少しずつ楽にはなります。
今では10時間寝てくれるので本当に楽になりました(^^)
体も少しずつ回復しています。
睡眠って本当に大事です。

スポンサードリンク