趣味で心を解放。育児に追われて気付いた時間の大切さ。



現在、子どもは1歳4ヶ月。
今でこそ夜まとめて寝てくれるので、自分の時間を持てるようになりましたが、産後半年くらいはそんな時間ほぼありませんでした。
時間があれば、体を休める。
それが精一杯だったのです。

私の中で、子育てが始まって辛かったことベスト3には入りそうなのが
”自分の時間が”ないことです。

大好きな映画も観れないし、絵も描けないし、本も読めない。
そんなこと?っていう大したことない趣味だけど・・・
好きなことを全く出来ない、自由な時間が無いって想像以上の苦痛。

周りの人から育児の大変さはよく聞いてたし、自分の時間が減るのは覚悟していたつもり。
だけど、趣味の時間どころか、トイレさえゆっくりできないとは。

私が立ち上がって離れるだけで泣かれるんです。
トイレの時間くらい放ってても大丈夫だとは思うのですが、泣き声がすごいんです。
近所迷惑だし、耳を塞いでも聞こえる大声を聞きたくなくて、早く泣き止ませようとバタバタ・・・
当時はもういい加減にしてー!って感じでした。

自分のやりたい事が何一つできないストレスってほんとすごいです。
フラストレーション溜まりまくりです。
自分のペースなんて存在しない。
全て赤ちゃんペース、赤ちゃんのタイミング。
これが一生続くの?なんて絶望感にとらわれたりもしました(そんなことあるわけないんですがね)

私って・・・私の人生って誰のもの?

家事と育児、更には仕事。
全部家族のため。
それが自分にとって一番大事なものなのは分かってる。
だから頑張ってる。

でも自分の存在価値ってそれだけ?

そんな事を考えて陰鬱としていました。
ネガティブ・・・(〜〜;

生後半年頃になると、ようやく少し余裕が出てきました。
赤ちゃんが調子よく寝てくれる日は夜の2、3時間自分の時間を持てたんです。

その時間がとても嬉しくて、自由な時間を噛み締めていました。
映画を観るのも、絵を描くのも、本を読むのも、こんなに幸せなことだったとは!!!

これは、育児で時間が限られたからこそ、感じたんだと思います。

子どもが産まれる前は、時間なんていっぱいあったし何も焦る必要はなかったんです。
でも一気に人生が変わりました。
自分の時間は減ったけど、前よりも一瞬一瞬を大事に思える。
時間を、少しでも価値のあることに使いたい。

ママだってやりたい事、なりたい自分がある。

自分だけの時間を見つけて、大切にしてください。
趣味でも良いし、自分磨きでもいい。
子どもから離れたことに没頭することで、心が解放されます。

それに子ども関係以外のコミュニティを持つのもいいと思います。
子どもと自分だけだった世界がぐんと広がります。
世界が広がれば視野も広がります。

私は趣味に没頭できる時間が増えて、育児で荒みまくってた心が少し癒されました。
徐々に気持ちに余裕を持てるようになってきたんです。

虚ろだった自分が生き返っていくのを感じました。大げさですが。

自分の気持ちが充実することで、イライラすることも減り、子どもに優しく接することが出来るようになりました。

子どものことは大好きで、ずっと一緒に居たい。

でも、それで自分を犠牲にすることは無いんですよね。
”自分の時間”を大切にすることは、ママだけじゃなくて、赤ちゃんの幸せにも繋がると思います。



スポンサードリンク




ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ