6ヶ月で母乳からミルクへ切り替え!良かったことと大変だったこと。

015ミルク


産まれてから完全母乳だったのですが
生後半年頃、ミルクへ切り替えました。
移行期間の1ヶ月はミルクと母乳の混合。
その後、完全ミルクとなりました。

ミルクへ切り替えた理由

ミルクの方が寝付きが良い。
その時私にはその情報が希望のように感じたんです。
少しでも睡眠の時間を確保したい。
そして母乳をやめれば、薬が飲める。
今の体調を早く回復したいって思ったんです。

最初は全く飲んでくれませんでした。
母乳が欲しいと泣いてるのに、見慣れないものを口に当てられる。
そりゃ嫌がりますよね。
当然ながら激しく抵抗されました(^^;
もう無理だなっていうときは諦めて母乳をあげました。
哺乳瓶の乳首のサイズを変えたり、マグであげたり、泣かれる前の機嫌がいい時にあげたり、色々試してみました。

根気強くしていると、次第に飲んでくれるようになったんです。
1〜2週間でミルクでも抵抗なく飲んでくれるようになりました。

ミルクへ切り替えて良かったこと

睡眠時間

やっぱり母乳よりミルクの方が長く寝てくれました。
3時間おきが4~5時間寝てくれるようになったんです。
これはすごく嬉しかったです!

薬を飲める

風邪を引いた時や、頭や胃が痛い時に気兼ねなく薬を飲めるようになりました。
もう我慢しなくていいんだって気持ちが楽になりました。

人に預けられる

母乳だと赤ちゃんと離れられる時間は3、4時間だけ。
冠婚葬祭や外せない用事の時は、とても助かりました。
私が40度の高熱を出したとき、病児保育に1日預けたことがありました。
この時、ミルクにしてて良かったと思いました。

パパも授乳の時間を味わえる

授乳をすることで親子の絆が育まれます。
母乳だとママと赤ちゃんだけの世界。
ミルクだとパパも授乳で赤ちゃんと絆を深めることができます。
うちは慣れてくるとパパが進んでミルクをあげてくれました。
その間、私も時間ができて助かりました(^^)

逆に母乳だと無かったミルクの大変なところ

手間がかかる

哺乳瓶を毎回洗って消毒、粉を入れて、お湯を入れて、温度調整。
母乳の時には無かった手間がかかります。
赤ちゃんが泣いてから全て用意すると遅いので、あらかじめ最低限の用意をしておく必要があります。
うちはそれまでお湯は必要な分だけケトルで湧かしていたのですが、電気ポットを購入しました。
便利すぎて、もう手放せません(^^;

あと便利アイテムとして、レンジで哺乳瓶を消毒できる容器があるんです。
これはかなり重宝しました!


電子レンジ用 ほ乳びん消毒器 ELFIN DOLL(エルフィンドール)
※クリックするとアマゾンのページが開きます

でもこれだけじゃ不安なので、数日に一度煮沸消毒をするようにしていました。

お出かけの荷物が増える

母乳の時は身1つで良かったんです。(授乳ケープとかは持ち歩いてましたが)
ミルクとなると、準備が必要だし、結構な荷物になります。

必要なもの
・魔法瓶にお湯
・消毒済み哺乳瓶
・ミルクの粉

ミルクは固形タイプのものがお出かけに大活躍しましたよ。


明治 ほほえみ らくらくキューブ 27g×16袋入り
※クリックするとアマゾンのページが開きます

お湯だけだと、温度調節に時間がかかってしまうので、冷まし湯もあると早く適温のミルクが出来ます。
でもその分荷物が増えますが(ーー;

■お金がかかる

うちは明治の「ほほえみ」を使っていたのですが、一缶2000円ほどして、一週間ちょっとで無くなってました(; ̄ー ̄A
なので9ヶ月過ぎると、ちょっとお安めなフォローアップミルクの方に徐々に移行していきました。


正直なところ、罪悪感がありました。
母乳が出るのに自分の都合でミルクへ移行したこと
嫌がる赤ちゃんに無理矢理ミルクを飲ませたこと。

赤ちゃんにとって最良の方法で育てたかった。
理想の育児とかけ離れた現状に、自分を責めたりもしました。

でも決してミルクだと駄目なわけじゃないんです。
今のミルクは品質も良く、母乳に近い栄養が入っているし、完全ミルクの子も元気に育っています。

結果的に、自分の体調のことや生活のことを考えると、ミルクへ切り替えて良かったと思っています。
何が一番いいかは、分かりません。
でも、ママが笑えない育児は赤ちゃんのためにならないと思うんです。
ママにも赤ちゃんにも一番良い方法を選択していく。
悩んで出した答えなら、それでいいんじゃないかなって思います(^^)


スポンサードリンク




ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ