散らかす子どもに降参?ずぼらママのお片づけ



娘が歩き出すようになってから、うちの中はめちゃくちゃに散らかりまくってます。

おもちゃ箱をひっくり返したかと思うと、今度は本を引っ張り出してきては本の山を作る。
そして本のカバーは全部剥がす。
手の届く物は手当たり次第に引っ張り出しちゃ、その辺にぽーい。
こちらが片付けようとしたら、しまった物からまた引っ張り出す。
カラーボックスの3段目まで余裕で手が届くので、かなりの範囲です。

郵便物などテーブルの上に置いといたら、速攻餌食になります。
まさに赤ちゃん怪獣(;´Д`A

最初は片付けても片付けても片付かない部屋にかなりイライラしてました。
しかし日に日にパワーアップしていく娘にもうお手上げ(^^;
日中は子どものやりたいようにさせ、夜にまとめてお片づけすることにしたんです。

妥協したことで、気持ちはだいぶん楽になりました。
でもある日ママ友のお家にお邪魔してみると・・・
あれ?きれい・・・( ̄▽ ̄;)

綺麗に整理整頓され、清潔感のあるお部屋。
月齢が同じのやんちゃっ子が居るのにこの違いは何~!?

正直、ショックでした。
産後うつになってから、無理して、頑張りすぎないようにしてた。
今後もそのつもりだけど、でも何だか私は言い訳にしていたのかもしれない(- -)

頑張りすぎないことと、怠けるのは違うよね。
お部屋が整理整頓されている人は、何かしらの工夫と努力をしているんですよね。
友達に刺激を受けて、部屋をちょっと改造することにしました!

◆まず一番散らかるおもちゃ。
カラーボックスの一番下の段に、100均で買ってきた収納箱を入れ、これをおもちゃ箱にしました。
散らかったおもちゃをその収納箱に詰め込み、あとはカラーボックスに納めるだけ。
そうすることで出しっ放しのおもちゃ箱が片付いて、少し部屋がすっきりに見えます。
一番下の段に収納することで、赤ちゃん自らおもちゃを取れるので、すぐ遊べます。

◆本のカバーは全て外しておく。
これで本は散らかっても、カバーを付ける手間が軽減です。
子どもがちゃんとお片づけできる年になったら、カバー装着します。
(その頃には本もぼろぼろかもしれませんが(^^;)

◆空き箱or紙袋を活用!
洋服用、チラシ用、小物用、とりあえず箱や袋を用意しとくんです。
引きずり出してきた物は箱にぽいぽいです。
洋服とか大きい物はいいサイズの箱が無いので、お店や結婚式でもらう丈夫な紙袋に入れちゃいます。
とりあえず、床は綺麗になります。これだけでもちょっとマシ。
突然の来客の時も、これを押し入れなり別の部屋に隠せば、その場はしのげます。
箱や袋の中身は、赤ちゃんが寝付いた後や、時間がある時にゆっくりしまえばいいと思うんです(^^)

◆本や書類は縦置き!
うちの場合ですが、本や手紙、書類をタンスや棚の上にぽんって置いちゃうんですよね(^^;
それをしばらく放置しちゃうんです。
そうするとあっという間にタンスや棚の上に物が積まれて散らかっちゃうんです。
これを100均とかで売ってある本立てに、縦に立てていくんですね。
そしたら、見た目もスッキリなるし、場所も取りません。

ビフォー

ビフォー

アフター

アフター

お見苦しい写真、すみません(^^;
写真にうつってる本は図書館から借りてきたものです。
置く場所を決めてないので、つい適当な場所に重ねて置いちゃうんですよね(~~;

でも本を立てるだけで、スペースがだいぶん空きました!
ついでに箱の蓋も閉めました!
箱の中はごちゃごちゃですが、外からじゃ分からないからいいかな!笑

部屋を綺麗に見せる片付けじゃなくて、便利に生活しやすい片付けを目指しました。

片付けって取りかかるまで億劫ですが、終わってしまえば気分もスッキリです!
不思議と気持ちのいい疲れになってるんですね。
いい刺激をくれた友達に感謝です(^^)

できればお金を掛けたくないのですが、おもちゃの収納と、本立てに合計300円かかりました。

スポンサードリンク