あると助かる!離乳食の後期に入ってから活躍したものをご紹介

作るとき

離乳食も後期に入ると、食べる回数も量も増えるし、忙しいママは大変ですよね。
少しでも楽になるように私が使っているものをご紹介します。

☆キッチンばさみ
大人の食事をつぎ分けてあげる時など、キッチンばさみがあると大変便利です。
お肉やキノコなど、潰しにくいものははさみで細かく刻んじゃいます。
最初は包丁でみじん切りにしていたのですが、はさみを使えば器の中で出来るので、まな板や包丁を洗う手間が省けます。(衛生面には気をつけましょう)

☆市販の冷凍野菜
私がよく使うのは「カボチャ」と「枝豆」。
すでに切ってあったり、茹でてあったり、下処理がしてあるので助かっています。
値段は、よく買う「カボチャ」で見てみたら、普通に売ってある生のカボチャよりも少し安いくらいでした。
裏の表記を見ても原材料名「カボチャ」のみの表記だったので、添加物は入っていないようです。
冷凍なので、必要な分だけ取り出して使えるので、便利ですよ(^^)

食べるとき

離乳食の後期、10ヶ月頃からかな(うろ覚え)、娘が自分でご飯を食べようとしだしたんですね。
お茶碗の中に手を突っ込んだり、スプーンに手をかけたりしてきました。
そのせいで食事の時間、娘の周りはめちゃくちゃ(^^;
それも成長の過程なのですが、毎日3食、片付けに一苦労していました。

もう赤ちゃんが散らかすのは仕方がないです。
だから、散らかされても大丈夫な、片付けやすい環境作りが必要だと思います。
赤ちゃんの食事で活躍したものをご紹介します。

☆プラスチックのポケット付きエプロン
これ、大助かりです(^^)
ポケットが、こぼした物や、吐き出した物をキャッチしてくれます。

プラスチック製なので、さっと洗えて、タオルで拭けばまたすぐ使えます(^^)
ビニール製のポケット付きエプロンもありますが、洗ったら乾くまで時間がかかるので、何着か用意する必要がありますね。

汁物とかは、首の隙間からエプロンの内側に入る事があるので、布製のスタイを内側に一枚付けておくと安心です。
これで、洋服が汚れるのはかなり軽減できます。

>amazonで食事用エプロンを見てみる

☆シリコン製のお食事マット
うちではシリコン製の鍋敷きを子どもの食器の下に敷いています。笑
食器の滑り止めになっていいですよ(^^)
今調べると、ちゃんとあるんですね。子供用のシリコン製食事用マット。


日本パフ ポケット付きお食事マット
※クリックするとAmazonの商品ページが開きます

☆レジャーシート
食事中、娘の椅子の下に敷いています。
うちが使っているのは100均で売ってある、1人用のレジャーシートです。
床やカーペットが汚れるのを防いでくれます。(完全にはむりですが)
拭いたら何度でも使えるので、重宝しています。

☆ウェットティッシュ
子どもの口まわり、手、テーブル、床、あらゆる所が汚れます。
汚れをガーゼやタオルで拭くのも良いですが、ウェットティッシュがあると楽だし、衛生的です。
うちはよくお尻ふきでやっちゃうのですが、色々成分が入っているので、口まわりは避けた方がいいかもしれません。

以上、ありきたりだったらすみません。
ママの負担が少しでも軽くなりますように!

それでは、おやすみなさい。


スポンサードリンク