睨まれた?外出先での子どもの癇癪と人の目。



娘(1歳5ヶ月)は癇癪持ち(^^;

自分の思い通りにならないと、体を仰け反らせて泣き叫ぶ。

少なくとも周りに娘以上に癇癪を起こす赤ちゃんはいません。
(お店とかでは時々見かけることもありますが(^^;)


2人きりの時に癇癪を起こされても大変だけど、外出先でされた時、買い物や用事もうまく進まないし、何より人の目が気になってしまうんですね。

私は人の目を気にしてずるずる引きずるタイプです(^^;

子どもが全力で叫ぶ大声は、かなり目立つ

1度や2度叫ぶくらいなら、なんとかなだめますが、ひどく泣き叫ばれるとどうしようもないです。

子どもが大声で叫んでいると、周りの人は気になって振り向きますよね。

びっくりするのは当然です。

こっちも恥ずかしいわ、大変だわで、その場から逃げ出します(^^;

周囲の反応

お店とかですぐに立ち去れる場合は良いのですが、レストランやエレベーター、図書館など、静かな場所や、すぐに移動できない場所では、必死に子どもをあやすしかありません。

そんなとき、周囲に「すみません」と一言いいます。
たいていの場合、苦笑いだったり、軽く頷いたり、みなさん優しいです。

おばあちゃんとかは「大変だね」とか「そうか嫌だったの~」とか
子どもや私に声をかけてくれたりすることも。
こういう大変な時、温かい言葉が身にしみます(;;)

でも色々な人がいて、時には睨まれることもあります。

こちらも、申し訳なく思って謝っているわけなので、笑顔で許してもらうことを期待してはいけませんが・・・

なにも睨まなくても・・・

娘をなだめるのに必死な上に、冷たい視線を浴びると、ダブルパンチです(〜〜;

食事をしたり話をしているそばで、子どもに泣き叫ばれると、不快に思う方がいても仕方ないかもしれません。
私自身、お店で暴れる子どもにイラッとしたことがあります。

でも、一番焦って、困っているのは、パパやママなんですよね。
(気にせず、放置の人も居るかもしれませんが)


子供への視線は温かいものだけではない
そしてその親への視線も



これは自分じゃどうしようもないことですが、ちょっとの準備や心がけで、そういう視線を減らせるかもしれません。
私が外出先で嫌な思いをしないように心がけていることをご紹介します。




対策と心がけ

◆癇癪対策の準備をしておく

愚図った時や癇癪を起こした時用に、お菓子やおもちゃをあらかじめ用意しておくんです。
子供が癇癪を起こす→お菓子で治める。
これを毎回やるのは、躾的にはダメだと思いますが、人に迷惑をかけたり、ママが疲れ果てるよりはいいかなと思います(^_^;)

◆可能なら外に出る

一番はその場から離れることですね。
子どもも気分転換になります。
何より、人に迷惑をかけないので、ママも気まずい思いをしなくて済みます。

◆マナーを守る姿勢

当然ですが、静かにするべき場所では静かにする
汚したり、散らかした物、場所はきれいに片付けて帰る など

大人は勿論、子どもにもマナーを守る指導をする。
まだ小さい子では理解しないかもしれないけど、今後のことを考えて、言い聞かせていく。

うまくいかなくても、そういう姿勢を持っていくことは大事だと思います。
マナーが守れなくても、守ろうと努力している人を睨む人は、そうそう居ないですよね。

自分は努力をしている!という自信があれば、心を強く持てます。


自分はやれることはやっている。
それでも、睨まれたり、心ない言葉を言われても、もうどうしようもないですもんね…

そんな時は気にしない・忘れるのがいいですね(^^;

親の躾がなってない、なんていう言葉もあります。
確かに子どもが悪さをしても注意しないで、放置しておくのはいけないです。

でも努力しても、子どもは泣く時は泣くし、暴れたり、叫んだりするんですよね。

いつかは娘も落ち着いてくれることを信じて、付き合っていくしかありません。



スポンサードリンク




ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ