【妊娠前】風疹の予防接種は早めにしておこう!授乳中でもOK


※クリックすると大きいサイズで見れます

こんなポスターを病院で見て、妊娠前に風疹の予防接種を受けたことを思い出しました。

これから妊娠を希望する方にはとても大事なことです。
今回は私の経験も交えてまとめようと思います。

私が結婚した年は、とても風疹がはやっていました。
テレビでもよく予防接種をするように言われてたんですね。

私的には、周囲に風疹になった人が居なくて、全然現実味がなかったのですが、両親に促されて予防接種を受けることにしました。
結婚して、早めに子どももほしいと思っていたので。

そもそも風疹とは

発熱、発疹、リンパ節腫脹を特徴とするウィルス性発疹症。

厚生労働省のページを参考にしました
厚生労働省の風疹特設サイト
ここから、ちょっと書き出させてもらいますね。

妊娠した女性が感染すると、お腹の赤ちゃんも感染してしまい、先天性風しん症候群(CRS)を持って産まれる可能性があるんです。
(代表的な症状は先天性心疾患、難聴、白内障)

妊娠1ヶ月で感染した場合の、赤ちゃんが「先天性風しん症候群 」になる確率はなんと

50%以上

・流行は春先〜初夏
・潜伏期間は2〜3週間
・感染しても症状がでない人が15〜30%程度いる
・手洗いやマスクは、十分な予防手段にはならない
・感染力は、インフルエンザの2〜4倍

感染力が強く、感染しても症状がでない事もある。
そのうえ上記の確率を見ても、とても恐ろしい病気ですね。


スポンサードリンク



まずは抗体検査を受けましょう。

子どもの頃に予防接種をしたり、以前感染した事がある人は免疫があるかもしれません。
でも、確実にあるかどうかは分からないですよね。
私も子どもの頃に予防接種を受けた気がするんですが、調べてみると抗体ギリギリでした。
看護婦さんに相談したら予防接種した方がいいと言われたんですね。
だから、妊娠を希望する人は念のために検査を受けてみてください。

予防接種の費用

病院でも違うと思いますが、私が受けた病院では
抗体検査:1500円
予防接種:7500円

ネットで調べると、検査費用はもっと高めに書いてあることが多いですね。
変わったのかな・・・(^^;

自治体によっては、検査や予防接種に助成金が出たりします。
私も検査は自腹でしましたが、予防接種の費用は全額返ってきました。
お住まいの地域は出るのか、ぜひ調べてみてください。

妊娠中は予防接種ができません!

風疹の予防接種のワクチンは、少量の風疹ウィルスが入っているので、妊娠中に予防接種はできないんです。
お医者さんには、予防接種してから3ヶ月は妊娠しないように気をつけてねと言われました。

もう妊娠している方は

感染をしないように気をつけましょう!
・人ごみを避ける
・外出後は手洗いうがいをする
・マスクを装着
・家族に予防接種を受けてもらって、身近な人からの感染を防ぐ

おまけ:予防接種をしても抗体がつかない!?

私は、予防接種を受けて、半年後くらいに妊娠をしました。
そして妊婦検診でいろいろ検査をされて、風疹の抗体がいまだにギリギリなことが判明。

???

予防接種したのに、抗体の数値が変わってなかったんです(〜〜;

・・・意味ないやん(T T)

こういうこともあるんですね。
この場合はどうすればいいのか分からず、とりあえず感染に気をつけて、ずっとマスクを装着していました。

そして出産後、お医者さんから
「もし2人目希望しているなら、予防接種をしておいた方がいいですよ」と言われました。
出産した直後で2人目なんてまだまだ考えられませんでしたが、いつかは欲しいと思っていたので、2度目の風疹の予防接種を産後1か月に受けました。

2人目を希望している人は、1人目を産んだ後は予防接種を受けるのに良いタイミングかもしれません。

※授乳中でも、風疹の予防接種は受けれます。


これから妊娠を希望している人、2人目を考えている方は、早めに風疹の予防接種を受けましょう。
ママだけじゃなく、パパや他の家族も予防接種をしておけば安心です(^^)

妊娠に気付かず予防接種をしてしまった人や、妊娠中に感染してしまった可能性がある人は、まずはお医者さんに相談しましょう。


スポンサードリンク




ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ