指しゃぶりを止めた日。1歳半の娘。


1歳半の娘は指しゃぶりが大好き。
寝る前は勿論、ご飯を食べている最中でも親指を吸うんです。
隙あらばちゅーちゅーちゅーちゅー

安心できるんだろうな・・・と思って放っておいたんですね。
(食事中は注意しますが)
でも、1歳半健診のとき先生に言われました。

「指しゃぶりしてますよね。もうすでに、ちょっと歯が前に出てきてますね」

えΣ(゚口゚;

「永久歯が生える前に、止めさせてくださいね」

歯への影響はまだ大丈夫だろうと思っていたので、ショックでした。

こんなに親指が大好きなのに、やめる日が来るのかな・・・
どうやって止めさせればいいんだろう?
指をしゃぶらせずに寝かしつけれるのか?

そんな不安がありました。
でも、歯並びに影響するし、娘のために止めさせたい。
そう思って、今日試しに指しゃぶりをさせないように試みたんです。

結果

初めて、指しゃぶりせずに寝てくれました。

初日から上手くいくとは、びっくりです。

何をしたかと言うと。

指しゃぶりを始めると・・・
「親指ちゅーちゅーしたらバイキンマンになるよ」って言ってみたんです。
意味不明ですけど、効果有りでした。


”怖がらせて止めさせる”のは止める

最初は「親指ちゅーちゅーしたらオバケが来るよ」って言ってたんです。
これが効果てきめんで、しゃぶろうとした手をすぐ引っ込めたんですね。

ただ2、3回言うと、怖がって泣いてしまったんです(・・;

親指はしゃぶらないけど、怯えさせてしまいました。
あまりにも可哀想だったので、”怖がらせて止めさせる”のは止めることにしました。

好きなものを絡めて止めさせよう!

娘はアンパンマンが好きなので、
「親指ちゅーちゅーしたらバイキンマンになるよ」に変えてみました。

オバケと大して変わらないかな(・・;
でも、怯えることはなくなりました。
指をしゃぶろうとするタイミングで2、3回言うと、効果が出てきました。

娘も反射的に指を口に運ぼうとするのですが、口の前でぴたっと止まるんですね。
指をしゃぶる直前で止めるのを繰り返していました。
”葛藤”しているようです(^^;



なんか、その姿だけで充分でした。

寝る前も指をしゃぶろうか葛藤していましたが、もう今日は何も言うまいと決めてました。
1歳半の赤ちゃんがこんなに頑張ってるんだ。
今日1日でできなくても、近々指しゃぶりしなくても寝付けるようになるだろうって。

でも結果、指しゃぶりせずに寝てくれたんです。

明日は分からないけど。
もう充分だよ。

”葛藤”している間は、不機嫌になり、甘えてくる。

やっぱり指をしゃぶることで、安心感を得ていたのかもしれません。
指が吸えないことで、機嫌が悪くなり、抱っこをせがんできました。
寝付く時もそわそわしたりして、いつもと様子が違いました。

だから、なるべく抱っこに応えてあげたり、寝付く時は手を握ってあげたり、指しゃぶり以上の安心感を与えようと気をつけました。

子どものペース

寝顔を見ながら、必要以上に怖がらせたことを後悔しています。。。
もっとうまい言い方があったのでは・・・(~~;
いくら娘のためとはいえ、今も胸が痛い。

自然にしていても、いつかは止めてくれるかもしれない。
でも、私自身5歳くらいまで指しゃぶりをしていて、歯並びで悩んだ経験があります。
娘にはそうなってほしくないと思うんです。
早めに指しゃぶりを卒業して欲しい。

だけど、子どものペースで。

今日みたいに、焦って、子どもにストレスをかけるのだけは気をつけたいと思います。


スポンサードリンク




ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ