指しゃぶりを止めた日。その後、悪化(・・;


先日、娘が指しゃぶりを止めた日の記事を書きました。
指しゃぶりを止めた日。1歳半の娘。

1歳半の娘は、本当に指しゃぶりが大好きで、隙あらば吸ってます。
寝付く時も安心するのか、親指はかかせません。

まだ1歳半だし、あまり心配はしていなかったのですが・・・

1歳半健診で、”指しゃぶりが原因で、既に歯が前に出てきている”ことを指摘されたんです。

一気に心配になりました(^^;

そこで「指しゃぶりをしたら、バイキンマンになるよ」という言葉をかけてみたんですね。
(アンパンマンが好きなので)
それで、その日は指しゃぶりをせずに寝付かせることができたんです。

初日から上手くいき、近いうちに指しゃぶりは卒業できるだろうと、ほっとしました。

しかし、そんなに甘くありませんでした(〜〜;

指しゃぶりを止めた日からの反動

止めさせ始めて、3日間は指しゃぶりをせずに寝付いてくれたんです。
でもそれからは、反動なのか親指への執着が強くなったような気がします。

日中いつものごとく指をしゃぶる娘。
そこでまた「バイキンマンになるよ〜」って言ったら、はっとしてしゃぶるのを止めるんです。
でも何度か繰り返すうちに
「バイキン・・・」というと
うわ〜!
と泣き出す娘。

(・・;

大好きな指しゃぶりができないことが、かなりストレスになっているよう。

それからは、しゃぶろうとする手を握ってみたり、気を逸らそうとするのですが、不機嫌になる娘。

最初頑張っていたのも、無理をさせてたのかもしれません。

子どものペースに合わせた声かけ

子どものペースで、焦らせずやっていきたいとは思うのですが

「歯並びに影響しているから、早めに止めさせたい」

焦る気持ちが、伝わってたのかな(〜〜;

とりあえず今は、ストレスが溜まっている状態なので、しばらくは何も言わず様子を見ます。

しばらくして、再チャレンジしようと思います。

ちょっと今回の経験で、言葉かけの加減を考えました。
・眠たい時など、安心感を得たい時の指しゃぶりは見逃す
・日中の指しゃぶり(食事中など)は注意する。
・何度も続けて注意しない。

指しゃぶりは、永久歯が生える前、できるなら3歳頃に止めさせる方がいいようですね。

まだ時間があるので、もう少し待ってみてもいいかもしれません(^^;

自発性

健診のとき、保健師さんに相談したのですが

保育園に行き出して、他の子がやっていなかったら、自然と止めるかもしれない。とのこと。

確かに、周りから言われて”止めさせられる”より自発的に”止める”方が子どもの成長にはいいかもしれないですね。

子どもへの声かけも、”自発性”を促すようなものを考えたいです。

難しいけど(〜〜;

最後に

子育てで感じるのは、3歩進んで2歩下がる。
できた!と思ったら、次の日にはやらなくなってる。そんなことがよくあります。
でも、確実に前進はしてるんですよね。
焦って急かさないように、長い目で子どもの成長を見守っていきたいと思います。



スポンサードリンク




ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ