早く寝てくれー!子どもの寝付きが悪い原因(1歳)


うちの1歳半の娘が寝付く時間は

だいたい20:30頃

これがベースですが、22:00頃になることもあります。

睡眠ってとても大事で、特に22時〜2時までの間に分泌される「成長ホルモン」は子どもの成長にかかせません。(大人にとっても大事です)

それに、子どもが早く寝付いてくれるほど、大人の自由な時間が増えるんですよね(^^;
先日娘が初めて19時台に寝てくれた時は、1歳の子どもが居るとなかなか出来ない趣味の時間がとれて、ラッキーな気分でした。

ただ、どうしても寝付きが悪い日ってあります。
ぐずぐずしたり、寝かせようとすると怒ったり、寝付けずにお布団をごろごろしたり。
こっちの方が、先に疲れて寝ちゃうことも。

寝付きが悪いと、生活リズムも崩れるし、朝から機嫌も悪いし、困るんですよね。

寝付きが悪い原因を考えてみました。

遊び足りない

遊び足りない、運動量が足りない、疲れていないことで寝付けない。
これはよくあると思います。
雨の日や、家の中にこもりきりだったりすると、やっぱり夜寝る時間が遅くなるんです。
逆に、公園で思いっきり遊んだりして、動き回った日は早い時間から眠たそうにしています。

また、支援センターなどで新しいおもちゃで遊んだり、知らない人に沢山合った日など、刺激が多かった日も寝付くのは早いです。
ただ、そういう日は、逆に夜泣きする場合もあります。

昼寝が長過ぎた

うちは、基本的に子どものお昼寝は起こさないで、好きなだけ取らせます。
(その間に仕事をしているので、なるべく寝てくれた方が助かるんです。)
ただ、放っておくとお昼寝で2時間以上寝ることがあるんです。
そういう日は、やっぱり寝付くのが遅くなりますね。

昼寝のタイミングが遅い

いつものお昼寝の時間に、用事で外出したりして、お昼寝のタイミングがずれることがあります。
普段は13時前後から始まるのですが、15時以降になると、夜に影響してきます。
そのため、出来る限りお昼寝は15時前に済ませるようにしています。

寝る前に刺激が多い環境に居た

時々夜に出かけるのですが、そういう日はやっぱり寝付きが悪くなります。
これは、大人のせいですね。
夜に、明るいお店などに連れ出すと、刺激が強く、子どもも興奮してしまいます。
寝付く前は静かな環境を作るよう、気をつけましょう。

そんな時期

原因不明で機嫌が悪く、寝付きも悪い。夜泣きもする。
そんな日が続くことが時々あります。
これは、もう子どもに付き合うしかないのかなって思います(^^;
うちは、一週間もせずに落ち着きます(^^)

寝かしつけ

私が寝かしつけでやっていること。ご参考までに。
・まず、パパの協力も得て、寝付く30分くらい前から部屋の明かりを落とす。
・添い寝をして、子守唄を歌ってあげる。
・子どもが落ち着いてきたら、電気を消して真っ暗にする
・あとは、ぽんぽん叩きながら、寝るのを待つ

うちは普段これで寝てくれます。

大事なのは、毎日同じようなタイミングで、同じようなことをする。
習慣づけることです。

あと、親がそわそわ慌ただしくしている時は、子どもも目がぱっちりです。
パパとママがリラックスしている方が、子どもも寝付きが良いように思います。


それでは、今日もみんなで良い睡眠がとれますように!

おやすみなさい(^^)/



スポンサードリンク




ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ