授乳中の食事が、ストレスだった頃。食べたい物を食べる。


こんばんは(^^)
今日は完全母乳だった頃の食生活について書こうかと思います。

出産直後からかなり神経質な育児をしていた私。
当然、授乳中の食事にも気を使っていました。

ママが食べたものがそのまま母乳になって赤ちゃんに行く。

そう思うと、気を使わざるを得ないですよね。

気にすること多すぎ!

乳製品や、揚げ物を取りすぎると、乳児湿疹ができたり、乳腺炎になるとか

塩分や糖分も控えるべきとか
カフェインや、ジュースも避けなきゃだし

お餅は乳腺炎の原因になるから良くないとか
逆に、母乳の出が良くなるから食べた方がいいとか・・・

もうね・・・何食べろって言うの?(-“”-;)

これが、かなーりストレス!

薄味の和食がいいっていうから、努力はしたけど。

授乳中は、すごくお腹が減るんです。

和食だけじゃ足りない。もっとがっつり食べたい。

無性に唐揚げが食べたくなったり、コーラが飲みたくなったりするんです。

ケーキやアイス、チョコレートなんて大好物なんだから、毎日でも食べたい。

妊娠中から、お酒だってコーヒーだって我慢してる。

・・・・・・・・・。

やけ食い

ある日、爆発して、ケーキやアイス、揚げ物をやけ食いしてしまいました。

いや〜美味しい(T T)

それからは、我慢せず、食べたいものは食べる食生活に切り替わっていったんですね。


ベースは和食だけど。

揚げ物や乳製品も、食べたい時に食べる。

アイスやケーキだって食べる。

コーヒーも1日1杯くらい飲む。

あ。なんとなく、添加物だけは気にしてました(^^;

(お酒も飲んでません。)

なんでもそうだけど、度を超えなければいいと思うんです。

おっぱいが張ってきて、「あ、やばい、今日はアイス控えよ〜」

そんな感じで調整してました。

最初の神経質さはどこへやら(^^;

食べるのが大好きなので、食事に関しては早い段階でゆるくなってました。

食生活の影響。

乳腺炎になりかけ?

時々おっぱいが張ってガチガチになりました。
熱を持って、痛いんですね。
ズキズキした痛みだったかな(うろ覚え)
乳腺炎になりかけ、だったのでしょうか。

搾乳で対応していました。
これ、簡単お手軽に搾乳出来ておススメです。
(ただ、両手を使うので、赤ちゃん抱えての搾乳はできません。)

結局、私の場合は、大したことにはなりませんでした。

乳児湿疹

赤ちゃんに湿疹が出てきたんです。
自分に影響がある分にはいいけど、赤ちゃんにまで悪影響が出るなら考えちゃいますよね。
「母乳のせいかもね」なんて何気ない言葉がグサっと刺さりました。

罪悪感。
私の食欲のせいで、可愛い赤ちゃんに、痛々しいぶつぶつが・・・!?

そこで、何日かまた食生活に気を配ったのですが、一向に良くならず。
調べてみると、乳児湿疹の原因は母乳だけじゃないとのこと。

塗れたガーゼで、こまめに赤ちゃんの汗や汚れを拭ってあげるようにしたんです。
すると、みるみるうちに湿疹は消えていきました!

とりあえず、母乳が原因じゃなかったようで、ホッ(^^;

おわりに

私の場合、「たまには自分にご褒美〜♪」と思うと、余計食べ過ぎちゃうんです。
だから「食べたい時に食べれば良いじゃん♪」と考えるようになって、やけ食いが減りました(^^;

妊娠中からの食事制限に加え、産後の食事まで気を使って、ママは我慢することが沢山です!
ストレスが溜まることも多いです。

赤ちゃんのことを考えるのは当然ですが、ちょっと肩の力を抜いても、何とかなります。

娘は今1歳半。すくすく元気に育っております。


※赤ちゃんにアレルギーが無く、母子ともに健康に問題がない状態での経験談です。
乳腺炎にしても、乳児湿疹にしても、個人個人の体質で違うと思いますので、その点は様子を見てくださいね。



スポンサードリンク




ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ