赤ちゃん」カテゴリーアーカイブ

赤ちゃんと靴下。冬でも室内では履かせません


うちは、室内や寝る時に靴下は履かせません。
寒い日の外出時だけ、履かせるようにしています。

室内で靴下を履かせない理由

赤ちゃんは手足で体温調節していて、靴下や手袋を履かせるとうまく体温調節ができなくなるんです。
赤ちゃんは体が暖かければ、手足が冷えていても大丈夫。普通の状態です。
もし体も冷えているようだったら、室温を上げてやったり、服をもう一枚着せて対応しています。

娘が歩き回るようになった今、室内で靴下を履かせていると、フローリングでつるつる転んで、歩きにくそうです。
転倒の危険を考えても、室内での靴下はやめた方がいいかなって思いました。

人の意見に左右される

特におじいちゃんおばあちゃんから「寒そう。かわいそう。靴下履かせなさい」って言われます(^^;
元々自分に自信の無い私は、テンパって反論できなくなっちゃいます・・・

何が正解なんて、その時代時代で最新の育児の方法があって、正直分からないです。
でも今ある情報の中で(おじいちゃんおばあちゃんの経験、意見も含めて)、自分が良いと思うものを選択していくしかないんですよね。

赤ちゃんのことを考えて、悩んで悩んで出した答えなら、それでいいと思うんです。
それに靴下に関しては、命に関わるような選択でもないので(^^;
人の意見より、子どものことを誰よりも考えているママとパパの考えで良いと思います。

☆おまけ:外で靴下が行方不明になる

抱っこしている時やベビーカーに乗せている時、赤ちゃんの靴下っていつの間にか消えているんですよね。
大人の服やベビーカーに擦れて脱げちゃうんでしょうね。
その対策として、靴下を履いてから、レッグウォーマーを履かせてあげると、靴下が脱げにくくなります(^^)

こんな感じ
042レッグウォーマー
うちも最初はよく靴下が行方不明になっていて、可愛いお気に入りの靴下だったりしたら、結構ショックでした。
でもこの二段構造(?)にするようにしてから、行方不明になったことは今のところありません。
おすすめです。

赤ちゃん用の靴下やレッッグウォーマー、すごく可愛いです。
あまり失くさないように注意したいですね。

☆ベビーの靴下商品を見てみる【楽天市場】


スポンサードリンク




ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ

アレルギー検査では問題無し。生後7ヶ月に卵で嘔吐

卵

アレルギー検査

小児科の先生の勧めで、生後4ヶ月頃、娘にアレルギー検査を受けさせました。

私が肌が弱く、アトピーがあったので、子供にもその可能性があるとのこと。

子供の頃、アトピーやアレルギーで辛い思いをしたので、子供にはそんな思いをして欲しくない。
子どもを作る上で不安なことの1つでした。

体質が、どうぞ私に似ませんように。

結果が出るまで1週間。かなり不安な日々・・・

その間もアレルギーの講習を受けたりして、もしもの時のために勉強しました。

検査結果は・・・アレルギー無しとのこと!

これは、すごく嬉しかったです(^^)

ただアレルギーは変わることがあります。
特に小さい頃は変わりやすいらしく、注意が必要ですね。


卵アレルギー?

先生から「どんどん離乳食を進めてね」と言われました。

その言葉通り、5ヵ月に入ると離乳食を始め、6ヵ月と順調に進み・・・

7カ月に入って、初めて”卵”を食べさせることにしました。

卵は、まずは卵黄から!(よく火を通して)

ゆで卵の卵黄をお湯に溶いて、ひとさじ、食べさせてみると・・・

数分後・・・盛大に吐いたんですね。

今まで順調に離乳食が進んでいたので、びっくりしました。

熱を測っても熱は無い。
風邪じゃなさそう。
1、2回吐いた後は、特に変わった様子はなさそう。

やっぱり卵が原因?量が多すぎた?
アレルギー検査では問題は無かったのに。
私が卵を食べた後の母乳を飲んでも、特に問題はありませんでした。

念のため、それから卵はあげずに、9ヶ月頃。

ここで間違いをおかしました。
育児書では、もう全卵をあげても良い時期だし大丈夫だろうと、全卵使ったものをあげたんです。

そして、また盛大に吐かせてしまいました。

卵は卵黄からです。
様子を見て大丈夫だったら、卵白と進まなければなりません。
(育児書で全卵は生後8ヶ月頃〜と書いてありましたが、卵黄がOKだった場合は、ですね)

それから怖くて、またしばらく卵はあげませんでした。

1歳頃に再度チャレンジして、特に問題もなく一安心。
今では普通に食べています。

アレルギー検査で問題が無かったからと言って、アレルギーがでないとも限らないんですね。

やっぱりデータや育児書よりも、赤ちゃんの様子を見つつ、赤ちゃんのペースで進めていくことが大事だと思いました。

離乳食を進めるにあたって

◆初めての食材を食べさせるときの注意点(参考資料:育児新百科
・1つの食材ずつ
・まずは一さじだけ
・食べさせるのは平日の午前中
(診療時間内ならすぐに受診できるので)

育児書から一部抜粋させてもらいます
(アレルギーの症状は)すぐ現れるものと、ゆっくり現れるもの(遅延型)があります。アレルギー症状として皮膚トラブルがよく見られますが、まれに、重篤な呼吸障害やショック状態になることも。
赤ちゃんの様子をよく観察することが大切です。


自己判断で食物除去をするのは絶対NG!
とのこと。

私は一時的に自己判断してしまいました。
最初に吐いた時点でお医者さんに相談するべきだったかもしれません。
たまたま、大した症状がなかったのですが。

アレルギーがでると、赤ちゃんは辛いし、親も大変です。
でも適切な対処をしていくことで、小学生になる頃には治るケースも多いそうです。
やっぱり気になる症状があれば、まずはお医者さんに相談ですね。


最新月齢ごとに「見てわかる!」育児新百科―新生児期から3才までこれ1冊でOK! (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)
※クリックするとアマゾンのページが開きます


スポンサードリンク




にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

パパっ子の娘。ピークは過ぎたかな(^^;1歳の娘への接し方。

以前、パパっ子について書いたのですが、益々パパっ子具合が増しました(^^;
(関連記事:パパっ子の娘。ママは寂しいぞ~(;;)

パパが居る時は、パパにべったり。
私の抱っこは拒否。
こっちへおいで~って言ってもパパの方に行く(T T)
あやしている時のリアクションが、明らかにパパの方がいい。

なんで?ママのこと嫌いなの???

最初は微笑ましかったものも、なんだか虚しくなってきました。

一緒に居る時間は私の方が長いのに。
接し方を間違ったのかな・・・ってなんだか焦るんですね。

☆保育士さんに相談

しばらくもやもやしていたのですが、先日、知り合いの保育士さんにパパっ子の相談をしてみました。
すると・・・

「いいんじゃない?」

と、あっけらかんとした答え(^^;

「ママと2人の時は特に何も問題ないでしょ?」とのこと
う〜ん確かに。
まあパパと居る方が楽しそうだけど(^^;

さばさばした保育士さんの話を聞いていたら、ちょっと気持ちが楽になりました。
私以外誰も困ってないし、パパっ子が悪いわけじゃない。
完全に私の気持ちの問題ですね・・・。

☆接し方を変える

相談に乗ってもらってから、少し余裕を持って娘に接する事ができるようになりました。

抱っこを拒否されたり、パパの方に行っても
「え~」「なんで?」とか言わないで
「そうだね、パパがいいね~。」と肯定的な反応を心がけるようにしました。

そして私の所に来てくれたら、笑顔で応える。

接し方を意識するようになって、ここ1週間くらいですが、娘の様子がちょっと違います。
基本パパっ子だけど、ママ寄りの時が増えたような気がします(^^)

☆自信を持つ

1歳になるまでは、後追いがひどくて疲れる事もありました。
でも今は甘えてきてくれると、パパっ子の分余計に嬉しかったりします(^^)

パパっ子だからって、ママが嫌いなわけじゃないんですよね。
子どもにとっては、ママはずっと特別な存在なんだ!と自分に言い聞かせてます(^^;

☆パパっ子のメリット

前も書いたのですが、パパっ子はママが楽できるといういい面もあります。
家事を一気に片したい時や一人になりたい時、パパと2人でお出かけしてもらってます。
そんな時は、本当に有り難いです(^^)パパに感謝。

なんだか、ちょっと前までははママべったりだったのに、今はパパべったりだったり、
赤ちゃんってコロコロ変わるんですよね。
きっと数年経ったら、今の悩みは大した事無いんだろうな〜
今はそんな時期なんだろうって、もっと気楽にいきたいと思います。


スポンサードリンク


泣き止まない赤ちゃんにやっていたこと(新生児〜3ヶ月頃)

 

生まれたての赤ちゃんって何だかふわふわふにゃふにゃですっごく可愛いですよね!
今でも新生児を見ると我が子じゃなくてもメロメロになっちゃいます(^^)

我が子が生まれたての頃、守ってあげなきゃ!って気合い入れてお世話してたのを思い出します。
その無理がたたったのか、数ヶ月後から体調の変化や産後うつで悩まされることになるんですね。

可愛い子どもも憎らしく思えたり、子どもから逃げ出したくなったりしたんです。
一番つらいのは、やっぱり赤ちゃんが泣き止まないことでした。
あの大きい声で一日中泣かれると、ほんと大変。

今思うと、もっとできたことがあったかな?ってことも交えつつ
泣き止まない赤ちゃんにやっていたことをご紹介します

◆とりあえず最初に確認すること

・お腹はすいてないか
・おしめは汚れてないか
・げっぷが出なくて苦しいのでは
・服の着せ過ぎor薄すぎではないか


まだ生まれたてで産婦人科に居た頃での出来事ですが
母児同室で赤ちゃんと一緒だったんです。
風邪引いちゃいけないと思って、赤ちゃんの布団を重ねてたんです。
自分は暑くて、半袖だというのにです(^^;
なんだか赤ちゃんは温かくしてあげなきゃ、って思っちゃってたんですね。
でも、布団を一枚にしてあげると、原因不明で泣いてたのが、減ったんです。
着せ過ぎって意外とあるかもです。

◆原因が分からない時は赤ちゃんを安心させてあげましょう。

とりあえず抱っこは欠かせませんでした。
抱っこしたうえで、私がやっていたこと。

・歩き回る
・スクワット
・踏み台昇降
・バランスボールに座る
(激しい動きと、転倒に注意です!)
・子守唄を歌う
・換気扇の音を聞かせる
・抱き方を変える
(新生児期は怖くてあまりできなかったのですが、縦抱きすると少し大人しくなってました)
・”恋のマイアヒ”を聞かせる
(1、2ヶ月頃からかな・・・うちの子は何故か、この曲でぴたっと泣き止むようになりました(^_^;)笑)

まあほぼ体力勝負でしたね(^^;
眠い時はうとうとしたりして危険なので、バランスボールや踏み台昇降はやめておきましょう!

子守唄は当時効果があったのか分かりませんが、後々いつもの子守唄を歌うことで寝付いてくれるようになりましたよ(^^)
歌い出すと、親指をしゃぶって寝る体勢に入るんですね。今では寝る合図のようになっています。

うちの子は1、2時間おきに起きたり、夜中に3、4時間泣き続けたりすることもあったんですね。
今思うと、もう少し赤ちゃんの寝付きをよくする方法があったんじゃないかと思います。

◆赤ちゃんの寝付きをよくする

・電気を消す
赤ちゃんが布団をかぶって窒息しないか心配で、ずっと常夜灯を付けてたんですね。
生後4ヶ月くらいに、私が不眠症になって、思い切って電気を消して寝るようにしたんです。
そしたら、不思議と赤ちゃんも寝付きが良くなったんです。
最初から真っ暗にしていたら、赤ちゃんの寝付きも違ったかもしれません。

・寝る前の授乳はミルクにしてみる
生後半年頃に母乳からミルクに移行したのですが、やっぱり寝付き具合が多少長くなりました。
(関連記事:6ヶ月で母乳からミルクへ切り替え!良かったことと大変だったこと。
もっと早く混合育児にしても良かったかもしれません。
その際は乳腺炎にならないためにも、搾乳をしておいた方がいいですね。
完全母乳でいきたいママもいると思いますが、ミルクも悪くないので、選択肢のひとつとしてどうでしょう。

・ベビーマッサージ
赤ちゃんの血流を良くし、リラックスする効果があるようです。
夜泣きが減ったという話を聞いたことがあります。
私もやっておけば良かったと思いました(T T)

赤ちゃんは敏感なので、ママがイライラするとそれが伝わって、更に泣くんですね。
私も分かってはいても、やっぱりイライラしてました(^^;

ママがリラックスすることが一番です!
こんな記事も書いてるのでよかったらどうぞ
お疲れママ!簡単にできるリフレッシュ方法

月齢が進むごとに、次第に楽になっていきます!
つらい時は、一人で悩まず、頼れるものは何でも頼ってくださいね。

赤ちゃんとママが明日も幸せでありますように!
それでは、おやすみなさい。

スポンサードリンク


赤ちゃんが初めて「ママ」と呼んでくれた!ヽ(^^)ノ時期的には早い?遅い?

 

なんと!今日、初めて娘がはっきり「ママ」と言ってくれました!
今まで「まんまんまんまー」とか、言ったか言ってないかよく分からなかったのですが、今日ははっきりと!

やったー!!!ヽ(^▽^)ノ

続けてパパとも言ってました。
今のところ、2、3回言ってそれっきりですが、感動!
こんなに嬉しいとは(^^)

娘は今1歳4ヶ月。(もうすぐ5ヶ月)

これが早いのか?遅いのか?全然分かりません。
普通じゃないの?(・・)と思うのですが・・・

育児書で見てみると

1歳〜1歳3ヶ月頃のページに、「そろそろ初語が出てくる赤ちゃんも見られます。」と、書いてありますね。

手元の本を見る限りでは、まあ普通の範疇、ってところでしょうか。

「言葉の発達は個人差が大きく、1歳代からおしゃべり上手な子もいれば、2歳ごろまでは単語をぽつぽつしか話さず、その後一気に言葉が増える子も。」とも書いてありますね。

今ことばの発達状態を心配する必要はまだそこまでなさそうです(^^)

ただことばの発達って待つだけじゃなくて、促してあげることができるんですね。
前回ご紹介した「語りかけ」育児もそうです。
赤ちゃんの発した言葉を真似して返してあげたり、赤ちゃんの言ったことやしたことに「おもしろいね」「たのしいね」と反応してあげたり、コミュニケーションを沢山とってあげるといいです。
手遊びやわらべ歌をうたってあげるのも良いみたいです(^^)

私は1歳前後から育児書はあまり見なくなりました。
その頃の赤ちゃんの発達の個人差が大きいことと、育児書を見て一喜一憂するのに疲れたんです。
赤ちゃんの発達を人や育児書と比べても、もうどうしようもないんですね。

赤ちゃんのペースを待ってあげるしかないと思うんです。

ただ、見逃してはいけない発達の遅れや、病気もあるかもしれません。
人と比べるよりも、まず健診をきちんと受けて、気になることを先生に確認しておくといいです。
それでは(^−^)/


※写真をクリックするとアマゾンのページが開きます
いつもお世話になってる育児書です。今回も参考にさせていただきました(^^)
スポンサードリンク


やっぱり大変(><)1歳児の癇癪への対応2


018癇癪


先日癇癪について書いたのですが、(1歳児の癇癪への対応
つい最近、またありました(^^;
今までで一番ってくらいの癇癪でした。

ショッピングモールでのことです。
明るいお店に興奮しちゃったのか、すごい勢いであっちへこっちへ、駆け回るんです。
まだまだよちよち歩きは抜けてませんが、早い早い。
もう行くよって手を引っ張ると、抵抗されるものだから、抱っこして連れて行こうとしたんです。
そしたら

きえーーーーーー!!!

すごい叫び声がショッピングモールに響き渡る…
どこからそんな声が出るの!?(;´Д`A

体を仰け反らせて、すごい叫び声(泣き声?)を出すんですね。
やめて〜!

そりゃ当然みんな振り返りますよね。
こっちは叫びながら仰け反る娘を抱えて、変な汗かいて
その場からそそくさと立ち去るわけです。

そんな暴れたら、何か悪い事してるみたいじゃないか~(;´Д`A
誘拐とかじゃないですよ、我が子ですからー!

癇癪に慣れてきたとは思ってましたけど、実際また直面すると、ほんと大変。
言うことなんて全然聞いてくれない。
いつまで続くんだこれ…

手元にある育児書に癇癪について少し書いてあるので、ちょっとご紹介します。
(1歳6ヶ月〜2歳の発育・発達のページに載ってました)

〜癇癪を爆発させたときは、まずは気持ちを代弁して落ち着かせて〜
要求をうまく表現できないときや、自分の思い通りにならなかったときに、手足をバタバタさせて怒りをぶつけたり、癇癪を起こしたりします。
暴れ泣きされるとママは困るかもしれませんが、まずは子どもの気持ちを察して、「〇〇したかったのね」「自分でしたかったのね」と言葉で受け止めてあげて。
その上で、ダメなことはダメと伝えましょう。
ただし、無理に抑えつけずに、好きなだけ泣かせれば、案外スッキリすることもあります。

母子手帳の副読本にも書いてありました。(みなさん自治体から貰ってるとは思いますが)

●「自分」の発達
1歳6ヶ月ごろになると、自分に名前があること、ほかの人と「自分」は違うということが分かり始めます。
自分でやりたい、したいという気持ちも生まれてきます。
しかし、まだ言葉でうまく表現できなかったり、思うようにできないので、かんしゃくを起こしたり大声をあげることもあります。
親としては悩まされるところですが、これも子どもの「自分」が確実に発達しているあかしです。
頭ごなしに押さえ込むのではなく、子どもなりの〇〇をしたい、くやしいといった気持ちもわかってあげましょう。
親から得た共感や、自分が大切にされているという思いは、子どもの自信となり、育っていくうえでの大きな力になります。危ないことやしてはいけないことをしたときも、感情的にしからないで。
手をぎゅっと握ったり、しっかり抱いて言い聞かせれば、少しずつ理解していきます。

どちらも同じようなことが書いてありますが、まさにその通りだと思います。
頭ごなしに言った時、突き放した態度をとった時、癇癪はひどくなるばかりでした。
子どもに共感してあげること、向き合ってあげることが大事なんですね。

ただ分かってはいても、なかなか理想通りの対応ができないこともあると思うんです。
時間がない時や忙しい時、体調が悪いとき、イライラしている時。
こんな時にワガママで癇癪起こされたら、つい怒鳴りたくなることもあります。
いつもいつも愛情たっぷりでは応えてあげられない。
情けないですが、そんな自分もいるんです。

でも怒鳴っても癇癪は酷くなるし、こっちも自己嫌悪に陥ります。
そんな最悪の状況は避けたいですよね。

テレビで見たのですが、「怒りのピークは6秒」らしいです。
子どもに怒鳴りそうになったら、ぐっとこらえて、6秒待ってみてください。

ピークを過ぎてから言葉を発してみるんです。
そしたら、怒鳴ることもないし、少しは優しい言葉が出てくるかもしれません。

こっちもイライラしたり、焦ってしまうのはもう仕方がないです。
でもそれを子どもには向けたくないんです。
まずは子どもよりも自分をコントロールすることが必要かもしれません(^^;

癇癪にはなるべく感情的にならず、共感してあげることを意識して対応していきたいです。


※クリックするとアマゾンの商品ページが開きます。
私が持っている育児書の、最新版のようです。
古い方も、子どもの月齢別に発育や生活に関して載っていて、見やすかったですよ(^^)

スポンサードリンク


1歳児の癇癪への対応

まだ子どもが産まれる前、お店などで癇癪を起こしている子どもを見て
うわ〜お母さん大変だな〜
なんてのんきに思っていたのが懐かしいです。
まさか自分もその立場になるとは(T_T)

0歳児の時から、小児科の先生も困らせるくらいすごい泣きっぷりだったのですが、赤ちゃんって泣くのが仕事だし、きっと他のママもこの泣き声と戦ってるんだわ!と思っていました。

でも1歳になって、だんだんと意思表示ができるようになってはっきりと確信できました。
自分の思い通りにいかない時、おもちゃやお菓子を取り上げられた時、機嫌が悪い時、体を反らせてすごい叫び声を上げるんです。

こりゃ癇癪持ちだ〜(:_;)

外でやられたら何事!?という感じで、視線が痛いです(^^;
こちらも余裕がない時はもうやめて!って強く言っちゃうんですけど、これで治まることはほぼ無いです。
むしろ更に激しくなって、悪化することがほとんどなんです。

親の躾が〜とか、ワガママにさせすぎじゃない?とか、厳しくしなきゃとか言われ、私のせい?と凹んだこともあります。
私だって、何度も駄目な物は駄目!と厳しく言いました。
落ち着いている時は聞き入れてくれることもありますが、癇癪を起こしている時は全然聞いてくれません。
(私の言い方が下手なのかもしれませんが(^^;)

とりあえず今までやって効果的だったのは

・大好物のバナナをあげて気をそらす(かなり効果的。もしかして味をしめてる?)
・抱っこしてなだめる(少し時間はかかるけど落ちついてくれる。でもあんまりひどい時は抱っこも難しい)
・あまり構わない(いつの間にか違う物に夢中になって、遊んでいる)
・外に出る(外気は赤ちゃんを落ち着かせる効果があるみたいです(^^))

だいぶん、癇癪との付き合い方も慣れてきた気がします(^^;
人がどう言おうと、赤ちゃんの性格を無理に変えることはできないと思うんです。
きっと成長のひとつだから、長い目で見守っていくしかないのかな〜って思います。
でもですね、必死な形相で訴えてくるその姿、ちょっと可愛く感じることもあるんです。
この意地の強さは、生きていく上できっと必要だろう!と思うことにします。

スポンサードリンク