★病気」カテゴリーアーカイブ

こどもが熱性痙攣を起こしてパニックになった日。


ついこの間、1歳7ヶ月の娘が熱性痙攣を起こしました。

熱性痙攣とは

熱の上がり際に起こる痙攣。
主な症状としては、全身を反り返す・手足がつっぱる・白目をむき、体を震わせる。
発作の時間は2~3分。長くても5分以内。
遺伝的要素が強い。


周囲の人から話は聞いていました。
落ち着いて、様子を見る。
基本、救急車は呼ばなくても大丈夫。
そういう中途半端な知識だけはあったんですね。

それが、いざその時が来ると、パニック状態。。。

そもそも、それが熱性痙攣だとも気付かず

娘との日々が走馬灯のように駆け巡りました。

熱性痙攣とは気付かずパニクる

その日は元気いっぱいに遊び回っていた娘。
具合が悪いようには、全く見えませんでした。

いつものお風呂の時間。
パパが入れてくれるのですが
「あ!」
と、お風呂場から普段聞かないような娘の声が聞こえたんです。

なんだろう?と思いお風呂場まで行くと
「どうした!?」
と焦った様子で娘を抱っこするパパ

最初何が起こったのか、全く分からず。
ただ娘の表情がおかしい
目をぎょっとして口をぱくぱく

何か喉に詰まらせた!?

そう思った私は、急いで娘の口に指を入れて背中をバンバン叩きました・・・

すると、手をグーにして硬直する娘。

全身、カチンと固まってガタガタしている。

目線もどこを見ているか分からない。

違う。喉に詰まらせたんじゃない。

この時点では、歯を食いしばって、口に指を入れれる状態じゃない。

様子がおかしい。

もう頭はパニック状態。

何も出来ない。

唇も紫色になっていく。

「救急車呼んでー!」

叫んでいました。

ここまで2~3分くらいかな、あまり覚えていません。

それまで、娘はいつも通り元気に過ごしていたので、これが『熱性痙攣』なんて思いもよらなかったんです。

痙攣が治まると、ぐたっとして、意識が朦朧としている様子。

私の中では、この世の終わり状態。

パパが電話で、娘の状態を説明。

パパもかなり焦っているはずだけど、冷静に説明しようとしている。

私は
「助けて・・・助けて・・・」と呟きながら、娘の名前を必死に呼んだ。

なんだか雪山じゃないけど、眠ったら終わりみたいな。
意識がなくなったら、そのまま戻らないんじゃないか、そんなことで頭がいっぱいでした。

ただ、ここまでで私はかなり間違った対応をしています(~~;

意識が朦朧とした感じで、弱々しい泣き声をあげる娘。
ぐたっとした感じだけど、足をじたばたさせる。

痙攣は治まったけど、やっぱり様子はおかしい。普通じゃない。
何度も名前を呼びかける。

今思うと、意識を失いかけじゃなく、眠ろうとしていたのかも?(分からないけど)

救急車が来るまでに、裸の娘に服を着せ、病院に行く荷物をまとめる。

救急車と病院にて

救急車に乗り込むと、娘を横にする。

その時点で娘は弱々しく泣いている。

隊員の人が色々調べている。(記憶が曖昧)

「大丈夫そうだ」的な言葉が聞こえる。

そこでとりあえず、この世の終わり状態からは解放されました。

隊員の人が熱を測ると「38.8℃」

「え?」

娘の熱に全然気付かなかった。

そこで初めて『熱性痙攣』が浮かんだ。

もしかして、これが・・・(・・;


私が、救急車に乗って、パパは車で病院まで行くことに。

「お母さん、抱っこして良いですよ」

と言われ、大泣きする娘をなだめる。

ほっ・・・


救急車の中では、痙攣の様子や娘のこれまでの病気などを聞かれました。

隊員の人が何やら電話で
「今は元気に泣いてます」的なことを言っていた。

なんか・・・ごめんなさい。

娘が落ち着くと、そんな申し訳なさがこみ上げてきました。

娘の熱に気付かなかったこと。
パニックになって、何もできず、救急車を呼んだこと。
情けない。

「いいんですよ。びっくりしますよね。」

と、優しい隊員さん。
涙(;;)


病院に着いてから、改めてお医者さんから『熱性痙攣』の診断を頂きました。

その時点で熱は40℃以上。

ほんと急激に上がったんだな・・・

病院では、血液検査と点滴をしてもらいました。
検査では特に問題無し。
インフルエンザでも溶連菌でもなかったです。

またまた申し訳なさがこみ上げ、謝る。

そこでお医者さんにも
「救急車を呼んでいいんですよ。痙攣も長く続くと良くないですし。最初にそれが熱性痙攣なのか判断できないですしね。」
と言って頂き、なんだかほっ・・・

痙攣への対応

(参考資料:病気新百科)

熱性痙攣が起きたら

衣類を緩め、平らな場所に寝かせ、顔を横向きにする
痙攣の続いた時間、状態を観察する

緊急受診した方が良い状態

・痙攣が5分以上続いた
・繰り返し痙攣を起こす
・痙攣後、意識が戻らず、ぼーっとしていたり、ぐったりしている
・意識がはっきりしたり、ぼんやりしたりする
・顔色が悪く、唇が紫色である
・呼吸が弱かったり、おかしい
・繰り返し吐く
・頭を打ったあとに、痙攣を起こした

してはいけないこと

・抱き起こす、抱きしめる
・体を叩いたり、ゆさぶる
・口の中に指や物を入れる

冷静になって、大声を出さず、観察すること。

これが大事なようです。

私は、パニックになって、大声で名前呼んで、背中ばしばし叩いて・・・

って真逆の対応をしていました。

ごめん娘(;;)

翌日には、熱も下がってケロッとしていました。

一瞬でも、娘を失うかと思った。

その日は何をされても怒る気にならず(^^;

数日経った今でも不安で、眠っている娘が息をしているか確認したりしています。


『熱性痙攣』知っているようで、分かってなかった。
想像以上に驚きます。焦ります。
いざその時が来ても良いように、正しい知識を持っておくことが大事ですね。



赤ちゃんの病気新百科―0カ月~3才ごろまでこれ1冊でOK!


スポンサードリンク




ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ

親子で風邪。病院に行かず、かなり回復しました!

 

親子で風邪引きました(T T)

◆風邪の症状

喉の痛み、鼻水、咳、微熱、食欲減退、だるい
(親子ともだいたい同じ症状)

自己判断ですが、典型的な風邪かと思います。
子どもは4日ほどでだいぶん回復してきました!
今回、子供の風邪で初めて病院にかかりませんでした。

◆病院に行かなかった理由として

・熱が高くない、わりと元気
・病院で他の風邪をもらいたくない
・なるべく薬を使わず自分の力で治したい

今まで、子どもが風邪を引くといつも焦って病院に行ってましたが、ぐっと堪えてみました。

お薬を飲むと、熱が下がるのは早いし、高熱で苦しんでいる時は助かります。
だけど、熱があるということは、風邪のウイルスと体が戦っているんです。
体が持っている自然な力に任せるのも、時には必要なのではと思うんです。

それにうちの場合、鼻水や咳はいつもだらだら長引いて、薬効いてるのかな?
って思うんですね。
大体2、3日でピークがきて1〜2週間で治まってくる感じです。

今回、薬は飲んでませんが、あまり変わらないような気がします。

子供の症状が見ていられないくらい酷ければ、病院に行った方がいいかもしれませんが、今回のことで少しくらいなら様子を見た方がいいかなと思いました。

このような症状の時は時間外でも受診してください。
(参考資料:赤ちゃんの病気新百科)
・元気が無い
・全く食欲がない
・ひどくぐったりしている
・ひどく機嫌が悪い
※3ヶ月以下の赤ちゃんは、たとえ元気でも容態が急変することがあるので、注意が必要です。気になる症状のときはすぐに受診しましょう。とも書いてあります。
元気で食欲があり、水分がとれているなら時間内の受診でOKだそうです。

◆回復した要因として

睡眠を取れたのが大きいと思います。
昨日が親子とも風邪のピークだったのか、ちょっと苦しんだのですが、朝起きたら、2人してすっきり!
一昨日は子どもも鼻が詰まって苦しいのか、夜中に何度も泣いて目を覚ましてたんですね。
家族みんな寝不足になりました(^_^;)

でも昨日はよく寝てくれたおかげで、一緒に11時間くらい寝れたんです(寝すぎかな(^^;)

前回の記事で書いたのですが、風邪に対抗するために免疫力をアップすることが重要なんですね。
その免疫力をあげることの1つが睡眠をとることなんです。
(関連記事:親子で共倒れにならないために。風邪予防!

一晩で効果ありでした(^^)
朝起きたら、喉の痛みやだるさが消えてスッキリしていました。
やっぱり風邪には寝るのが一番です!

あともう1つ、『りんご』。
昨日は食欲がなくてりんごばっかり食べてたんですね。
りんごって

・ミネラルが豊富
・整腸作用
・老化防止、抗酸化作用
・高血圧予防


いいことだらけなんですね!
それにほぼ水分でできてるみたいで、風邪の時に大事な水分補給になります。
(小児科の先生にも、とにかく水分をよく取るようにと、いつも言われます)

そして、皮ごと食べるのがポイントみたいです!
1歳の娘はりんごの皮は食べれないので、剥いてあげてます。
今回はしてませんが、皮ごとすりおろすって手もありますね。

他にも食べ物で言ったら

・ビタミンCが豊富なもの(イチゴ、キウイなど)
・体を温めるもの(ネギ、生姜など)
・消化に良いもの(おかゆ、じゃがいもなど)

をとると良さそうですね。

うちはたまたま家にりんごが大量にあって良かったです(^^)

でもやっぱり、親子で風邪を引いたのに、あまり苦労することなく回復できたのは、一番はパパのおかげです(>_<)
家事や子どもの面倒を積極的に見てくれて、下手したらママよりも主婦向きかも!
頭が上がりません(_ _)

これからの季節、ますます風邪が流行ってきます。
家族みんな健康でいたいですね。

忙しいママも、たまには休んでリラックスしてくださいね。
自分の体を労わるのが最大の風邪予防だと思います!

それでは(^-^)/


※クリックするとアマゾンのページが開きます
今回参考にさせて頂いた赤ちゃんの病気新百科の最新版です(^^)

スポンサードリンク


親子で共倒れにならないために。風邪予防!

先日風邪を引いたのですが、見事に子どもにうつしてしまいました(~~;
いつもは逆にうつされる立場なんですが・・・

子どもが風邪を引くと、ほんと心配ですよね。
咳や鼻水で苦しそうにしているとすごくかわいそうです(;;)
夜中に苦しくて泣き出すこともあります。

そうこうしているうちに、こっちも寝不足と心身の疲労で、風邪を貰ってしまうんですね。
いつも子どもの看病+自分の回復に努めなければならない、大変な状況に陥ってしまいます。

(親子で共倒れになって、子どもの看病も出来ない時は、以前書いた病児保育という手もあります。ぜひ検討してみてください。)

今回はそもそも共倒れにならないために、”風邪の予防”についてまとめてみようと思います。
私もすぐ風邪を引いてしまうので、今後の参考にしていきたいと思います。

☆基本ですが、うがいと手洗いで予防
外は風邪のウイルスがいっぱいです!
外から帰ってきたら必ずうがいと手洗いで予防しましょう。

☆マスクを装着!
実はマスクを付けても、ウイルスは防げないそうです!
ただインフルエンザや冬風邪は乾燥を好むんです。
マスクを付けて、鼻と喉の湿度を上げることで、ウイルスの繁殖を防げます。

☆加湿する
乾燥を好むウイルスの繁殖を防ぐため部屋の中の気温と湿度を上げましょう。
うちは加湿器が無いので、昨日から洗濯物を室内に干して、湿度を上げるようにしています。
(室内干しの加湿効果は正直まだよく分かりません(ーー;ないよりマシかな?)

☆子どものご飯の残りを食べない・食器をシェアしない
うちはよくやってしまうのですが・・・
子どもが残したご飯を食べる。
同じ箸やスプーンで食べさせる。
これをするともろに風邪のウイルスを貰ってしまうし、うつしてしまいます。
共倒れになる可能性大です!
せめて、家族で風邪を引いている人がいたり、流行っている時は避けましょう。

☆免疫力を上げる!
風邪に対抗にしてくれる免疫力をアップしましょう!
風邪にかからないためにも、かかったとしても長引かせないために、免疫力をアップです!
免疫力を上げる方法

・睡眠をとる
・リラックスする
・適度な運動
・バランスの良い食事(腸内環境を整えるといいそうですよ。)
・体を温める

要は日頃から規則正しい健全な生活を送れば、大丈夫ということですね。
私は夜更かししたり、間食したり、結構不規則な生活をしているせいで免疫力が落ちてるのかもしれません(〜〜;
冷え症だし、ストレス溜めまくりだし・・・
そこから見直していく必要がありそうですね。

子どもにも、最大限の予防をしてあげたいと思います。
でもきっとこういう風邪を繰り返して、免疫力をつけていくんですよね。
せめて、親子で共倒れにならないように、もっと自分も丈夫な体を作っていきたいです。

とりあえず、風邪が悪化しないように、今日はもう寝ます。
みなさまも、体を温かくして良い睡眠をとってくださいね。

あ、でも靴下って冷えとりには良いのですが、寝る時はしない方がいいそうです。
体温調節がうまくできなくなるそうです。

それでは!

スポンサードリンク


初めての病児保育。親子で手足口病にかかった時に大助かりでした。

寒いですね。
さっそく風邪引きました(〜〜;
だいたいいつも子どもからうつされるのですが、先にやってしまいました(^^;
子どもにうつさないように、常時マスク装着です。

それで思い出したのですが、以前利用して便利だった病児保育について書こうかと思います。

子どもが生後10ヶ月の時、手足口病にかかったんです。(夏頃、大流行してましたね)
そして娘が発症してから、5日後くらいに私も高熱を出したんです。
看病疲れが出たのかな?と思ったのですが、2、3日後に手足口病と発覚しました(^^;

手足口病って薬が無いらしくて、自然と治まるのを待つしかないんですね。
それとウイルスの滞在期間が2〜3週間と長く、しばらく引きこもり状態でした。
そして、大人の方が症状が酷いのか、かなり苦しみました!もう二度となりたくありません。

初日は38〜39度で、病児保育を利用する予定はありませんでした。
ただフラフラの状態で、体調の悪い(機嫌も悪い)娘の面倒をみれるのか、不安がありました。

翌日に熱を測ると40度に。
体も動かないし、これは無理だ!と思い、病児保育に頼むことにしたんです。
仕事前のパパに連れて行ってもらうことになりました。

1件目の病児保育。
一番近場に行ったんです。
そこでは、手足口病の子は預かれないとのことで、別の病児保育を紹介されました。
(うつる病気だったのと、部屋の都合がつかなっかたのが原因のようです)

2件目の病児保育。
ちょっと離れた場所で、パパ会社へ大幅遅刻決定(ごめん(;;))
そこでは預かりOKで一安心。

まず最初に診察を受けます。
そこで診断してもらって、利用の手続きに入るそうです。

うちが利用した所では、事前に登録しておくと、当日の手続きがスムーズになるそうです。
日頃からもしもの時に備えて、チェックしておけば良かったと後悔しました。
そうすればパパの負担も軽くで済んだはず・・・(_ _)
だいたい病児保育を利用する時って、仕事や用事があって、忙しい時だと思うので、登録しておいて損はなさそうです。

持っていくもの

・おしめ替えセット(おしめ・お尻ふき・袋)
・ミルク
・お昼寝用布団(持ってないのでタオルケットを2枚持たせました)
・着替え(2着はあった方がいいと思います)
・タオル
・その他必要な物(ガーゼや食事用エプロン)
・保険証
・あれば診察券
・薬を飲んでいる場合は、そちらも忘れずに

事前に電話で確認していくといいかもしれませんね。

料金
私が利用した所は1日2500円+診察代でした。

最後に1日の様子のレポートを頂くのですが、それがありがたかったです。
どんなおもちゃで遊んだ、機嫌はどうだったか、いつミルクを飲んだか〜等、細かく書いてありました。
初めての病児保育で不安でしたが、その丁寧なレポートを見ると、きちんと見ててもらえたんだなと安心できました。

帰ってきた娘は、かなり泣いたんだろうなと分かるほど、目が腫れてました。
娘と1日も離れるのは初めてのことでした。
娘が泣いたのを想像すると、胸が痛みます。

でも病児保育に預けたおかげで、体を休めることができ、本当に助かりました。
また同じような状況になったら、お世話になると思います。
簡単ですが、以上です。

今日はこの辺で、おやすみなさい〜

スポンサードリンク